トップ > 学校生活 > 学校行事 > 修学旅行

修学旅行

平成28年度 修学旅行

 42期生は2年次10月に、北海道の道央方面へ3泊4日の修学旅行に行きました。

 初日は、まず班ごとの民泊先へ移動し、お世話になる民泊家庭のみなさんにご挨拶をしました。その後、農業、酪農、漁業といった地域産業のお手伝いをしました。地域のみなさんと一緒に 牛の世話や農作物の収穫を体験し、北海道の食材を使った食事を頂くことで、それぞれ学んだこと、感じたことがあったようです。

 2日目は白老ポロトコタンでアイヌ文化学習を行いました。「チセ」というアイヌ様式の住宅の中で講話を聞き、舞踊を見学しました。また、「ムックリ」という楽器の演奏にも挑戦しました。

 3日目は、クラスごとにラフティング体験と自由選択体験を行いました。ラフティングでは川の水の冷たさに驚くこともありましたが、雄大な自然を満喫することができました。
  選択体験は、ボルダリングやパークゴルフなどのアクティブ体験、キャラメル作りやガラス工芸などのインドア体験の中から興味があるものを選びます。思い切り身体を動かして楽しんだり、新鮮な牛乳を使ったお菓子を味わったりと、それぞれの思い出ができました。

 最終日は、札幌または小樽で班別自主行動をしました。事前に観光名所やグルメなどを調べて作ったコースを楽しみました。

 北海道の文化や自然を学び、友情を深め合うかけがえのない時間となりました。

旅行行程表

月日 行程
10月4日(火) 羽田空港→新千歳空港→千歳にて昼食→民泊
10月5日(水) 民泊先にて体験学習→白老ポロトコタン→ホテル(ルスツ)
10月6日(木) ホテル→自然体験学習・選択体験学習
10月7日(金) ホテル→札幌・小樽市内見学→新千歳空港→羽田空港
修学旅行の写真1 修学旅行の写真2 修学旅行の写真3
修学旅行の写真4 修学旅行の写真5 修学旅行の写真6
修学旅行の写真7 修学旅行の写真8 修学旅行の写真9

学校行事のトップへ
ページのトップへ